blog

いくら高いスキンケアを使用しても効果がない⁈

せっかく、高いスキンケアを購入したのに⋯期待以上に効果はありませんですか?皮脂の汚れやファンデーション中の成分は皮膚に残るだと、スキンケアはなかなか入って頂けないです。定期的に(肌質により、通いペースが調整できます)「毛穴ケア」や「ディープクレンジング」をすると、キレイなお肌を手に入れます^ - ^※ドライ肌や敏感肌は1ヵ月に一回は理想的。オイリー肌は1ヵ月に2~3回は理想的です。※個人差があります。

老化の大きな原因「糖化」とは…?

最近よく耳にする「糖化」とは? そもそもどのような状態のことを言うのでしょうか? 老化の原因の1つである「糖化現象」。ご飯やパン、お菓子などの甘いものを食べると血糖値が上昇します。この血糖血とは血液中にいる「ブドウ糖」の数値を表したもの。 この血糖血がずっと高い状態にあったり、急上昇させる頻度が多いと、この糖がタンパク質とくっつきタンパク質が糖化し、「AGEs(終末糖化産物)」という物質に変化します。このAGEs(最終糖化生産物)はいわば体の中の毒。この物質は褐色で硬いのが特徴で、コラーゲンなどに絡みついて、 皮膚を硬くしたり、透明感を失わせたりします。 また、カラダが糖化すると、糖尿病や骨粗しょう症を 引き起こす原因にもなります。 糖化が引き起こすお肌への影響と原因は下記に、・ハリの低下…コラーゲン繊維の伸縮性が失われます。などを正常に働かないように作用したり、血管を詰まらせる原因になったりするのです。 ・弾力の低下…エラスチンの弾力性が失われます。 ・透明感の低下…真皮層が硬く、薄くなることで透明感がなくなります。 

サマー トリートメント

クーラーや刺激の強い日焼け止め...などを使ったり、皮脂の汚れが気になって強いの洗顔剤で顔をあらってしまうとか、肌が乾燥してしまいます。肌が乾燥してしまうとターンオーバーを乱し、シミやくすみなどの原因となります。また、ダメージを受けやすい肌となって、日焼けしやすい肌になってしまうのです。毎日💪常に肌が"潤う"努力を忘れないでください!夏の屋内はエアコンによる肌乾燥がなりやすいと言われています。『セルフィッシュ 細胞美学』スキンケアは、細胞から美しく、お肌に優しい成分だけを使用した「オーガニック」と「テクノサイエンス」の融合にした、驚くほどの「保湿力」が実現しました。 許成分配合で、美容成分が細胞にぐんぐん浸透する、お肌が喜ぶ基礎スキンケアを紹介致します❤️【クレンジング】癒されたローズの香りで汚れを落とす。エクステの方でも大丈夫👌【洗顔フォーム】強い保水力を持つ濃厚な泡で、お肌にも喜ぶな洗顔フォームです。※3~5分の泡パックで毛穴がスッキリ!【ピュア化粧水】たっぷり保湿成分(保水)肌の奥まで浸透させ、ツヤと弾力のある肌へに導きます。【ピュアクリーム】ピュアでほんの少量でかなり伸びま~す❤️全商品は美白作用や抗炎症・抗シワ作用の「アイ葉/茎エキス」が入っています。アンチエイジングはもちろん、ニキビや肌荒れなどの対策として。シミなどの原因となるメラニンの生成や、紫外線の刺...

季節ごとの紫外線ケア(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

よく晴れた日や日差しが強い季節には、UVケアをしっかりしなくてはと誰もが思いますが、実は、曇りや雨の日、日差しがそれほど強くない季節でもUVケアは欠かせません。紫外線から肌を守るために知っておきましょう〜〜(*´꒳`*)紫外線の種類太陽光は、波長の長いものから赤外線、可視光線、紫外線に分けることができます。紫外線は、可視光線の紫の外側にあることにより、紫外線と名付けられました。紫外線は、生物的な作用の違いから、波長の長いほうから順にA・B・Cと分類されます。地上に届いているのは280~320mmの紫外線B波(UVB)と320~400nmの紫外線A波(UVA)です。紫外線C波(UVC)は、短波長紫外線と呼ばれ、波長が280nm以下と短いため、オゾン層を通過する過程で散乱あるいは吸収されてしまいます。しかし、最近懸念されているようにオゾン層の破壊によってオゾン層が薄くなり、ぽっかり穴があいてオゾンホールができてしまうと、これまで地上にはほとんど到達しなかったUVCが届くのではないかと心配です。実は紫外線は、波長が短いほど有害作用が強く、3種類の紫外線のうちでは、UVCが最もその物理的作用が強いとされています。具体的には細胞組織そのものを損傷する可能性が指摘されています。実際は有り得ませんが、仮にUVCを浴びると、重度の熱傷のような状態になってしまうとされています。

ダイエットと高GI食品

「GI」とは、「グリセミック・インデックス」のことで、「炭水化物の吸収速度を表す指標」です。GI値の基準になるのは、ブドウ糖です。GI値の高い食品のことを「高GI食品」といいます、白米や食パンなどは高GI食品に分類される。高GI食品を食べると、食後1時間以内に血糖値は150ぐらいまで上がってしまう。身体は「血糖値は100以下が望ましい」とインプットされているため、血糖値が100を超えると血糖を下げるようとして、"インスリン"というホルモンが過剰に分泌されてしまう~インスリンの働きで、血糖は体内の細胞の中に溜め込まれ、血糖値は一時的に下がり、これにより「低血糖値状態」に陷ってしまうことがありますよ。低血糖になると脳は慌てて何か食べるように指令を出し、炭水化物(糖質)を補給するように命じる。そしてまた高GI食べて再び高血糖になるとまたしてもインスリンが過剰摂取され、糖が細胞に溜め込まれます。この繰り返しが続くと、脂肪がどんどん膨らみ、肥満してしまう。脂肪に詰め込まれた糖が、「脂肪細胞」になってしまうのだ。(´;ω;`)そしてインスリンを分泌しつ続けて膵臓が疲弊すると、糖尿病になってしまう(>﹏<)

🔥童顔の丸🔥飲む輝く美肌サプリメンです

❤️抗酸化・抗糖化❤️女性に必要な7つ成分😍を含まれています😆❤️飲むのFGF,EGF👍1️⃣メロングリソディン:抗酸化、抗炎症、紫外線によるダメージを軽減させます。2️⃣蓮胚芽:抗酸化、コラーゲン産生促進、線維芽細胞促進(FGF)、角化細胞増殖、UVーBダメージから回復。3️⃣L-シスチンは、チロシナーゼの活性を抑制することにより、根本からシミを出来にくくする。新陳代謝促進によりメラニンを効率よく排泄させる。解毒作用、美白アミノ酸と呼ばれています。4️⃣桜の花エキス:抗糖化、チロシナーゼ活性阻害、コラーゲン産生促進、線維芽細胞のコラーゲン格子形成増加、アポトーシスが抑制、美白作用、AGEs(最終糖化物質)産生抑制。5️⃣DNA核酸:新しいの細胞を作り出すため必要な成分。傷ついた細胞を修復する。6️⃣プロテオグリカン:サケの鼻軟骨から抽出された原料。高い保水力、ヒアルロン酸の1.3倍と言われいます。EGFと似た働き、抗酸化、炎症抑制。7️⃣トウモロコシセラミド:セラミドが不足すると保湿成分が逃げて肌荒れ、敏感肌に。セラミドは肌環境を整え、キメ肌と保湿を保ち、バリア機能をサポートする。一箱30包300mg(1包x2〜3粒)¥9000(税抜)