ダイエットと高GI食品

「GI」とは、「グリセミック・インデックス」のことで、「炭水化物の吸収速度を表す指標」です。

GI値の基準になるのは、ブドウ糖です。
GI値の高い食品のことを「高GI食品」といいます、白米や食パンなどは高GI食品に分類される。
高GI食品を食べると、食後1時間以内に血糖値は150ぐらいまで上がってしまう。

身体は「血糖値は100以下が望ましい」とインプットされているため、血糖値が100を超えると血糖を下げるようとして、"インスリン"というホルモンが過剰に分泌されてしまう~

インスリンの働きで、血糖は体内の細胞の中に溜め込まれ、血糖値は一時的に下がり、これにより「低血糖値状態」に陷ってしまうことがありますよ。
低血糖になると脳は慌てて何か食べるように指令を出し、炭水化物(糖質)を補給するように命じる。そしてまた高GI食べて再び高血糖になるとまたしてもインスリンが過剰摂取され、糖が細胞に溜め込まれます。

この繰り返しが続くと、脂肪がどんどん膨らみ、肥満してしまう。脂肪に詰め込まれた糖が、「脂肪細胞」になってしまうのだ。(´;ω;`)
そしてインスリンを分泌しつ続けて膵臓が疲弊すると、糖尿病になってしまう(>﹏<)



0コメント

  • 1000 / 1000

サロン ドゥ プレシャス(Salon de Precious)

こんにちは、エステティックサロン「サロン ドゥ プレシャス」では「東洋医学」に基づいた東洋と西洋の美容法を融合したユニークなエステティックサロンです。お客様一人一人に合わせてお肌の悩み、状態、体調や季節の変化、その他にも様々な要因から変化しやすいものですがユニークな”肌分析”を行い、しっかりケアしながらアドバイスをご提案致します。 ※埼玉県までお越しできない方は『本店』の施術も可能です。